2013年10月19日

うるおいの実・まるめろを使った石鹸

まるめろの実は、たしか童話かなにかでも、美しさを保つための果実として、
登場したことがあった気がします。

ジャムや民間薬としても利用されていたのですね。

マルメロから抽出したクインスシードエキスは、お肌をしっとりさせる化粧品の原料として世界中で親しまれているそうです。

これを利用した石鹸があるそうで、
洗浄力ももちろん、お肌にやさしく、うるおいを保ってくれる効果が十分予想できる感じです。

泡立て方とかは習ったことがないので、ぜひプロから聞いてみたいですね。

それに自然の成分で作られているということになるので、安心して使えるという気もします。

ソープなども自然派のものを使う人が増えていますよね。

---------------------------------------------------

マルメロは古代ギリシャの時代から民間薬やジャムに使われてきた歴史ある果実。そのマルメロの種子から抽出したクインスシードエキスは、お肌をしっとりさせる化粧品の原料として、世界中の高貴な身分の人々の間でも重宝されていたといわれています。マルメロのたぐいまれなる保湿力、保水の持続力でみずみずしい「もっちり肌」になれることを、昔の人は知っていたのですね。

■ サロン内容のご紹介
洗顔レッスン
1. [泡立ての悩みを解消!]生クリーム泡を素早く手で作るコツ
2. [シミしわの原因解消!]顔を洗う時のエンジェルタッチの力加減
3. [ブルドック顔にならない!]すすぎ方のコツ

(MSN産経ニュース- -2013年10月18日)
---------------------------------------------------
ラベル:保湿 マルメロ
posted by 40代のスキンケア at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌関係 | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

便秘と朝1杯のお水

便秘が美肌への妨げになり、その便秘は食事の面などで起こるのだと思いますが、
水もこんなに関係あるのですね。

水分をたくさんとることは、血液の流れをスムーズに保つためにも必要だとか。

特に寝起きは、体の状態が悪くなっているので、急に起きて状況を急変させないほうがよいそうです。
そういうとき、水を飲むことで、スムーズな血流を促すとか。

私は便秘のためにも朝のお水は大切と以前から聞いていましたので
毎朝飲むようにしていますが、
それでも便秘になるときはなりますよね。

私、便秘気味になると、
牛乳を下剤代わりに飲んで出すことがあります。

でも、その時の体調によって、
下痢になってお腹がピーピー痛くなることがあるんですよね。


---------------------------------------------------
(5)水

食べ物や飲み物から摂取した水分の一部が大腸まで届き、便に吸収されますので、便を柔らかく保ちスムーズな排泄を促すために、水はとても重要です。起床後に、コップ1杯のお水を飲むとカラの胃が刺激され、腸のぜん動運度が高まりますので、習慣にすると良いでしょう。

<水を摂るポイント 2つ>

・ジュースなども水分ですが、ミネラル豊富なミネラルウォーターを飲めば、マグネシウムやカリウムも摂れて効果的です。

・一度に沢山の水を摂りすぎると“むくみ”の原因となりますので、こまめに補給しましょう。

(マイナビニュース (ブログ)- -2013年10月11日)
---------------------------------------------------
ラベル: 便秘
posted by 40代のスキンケア at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康関連 | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

50歳からの美白「グレイスソフィーナ」

このところ、例の白斑さわぎで、美白ものがちょっと敬遠される感じがありました。

ニュースでも、わりと事件の話ばかりが聞こえていましたね。

でも今月1日、花王が50歳からのスキンケアブランド「グレイスソフィーナ」で、さらに効果をプラスした商品が発売になったそうです。
夜の美白、濃厚とろみ。
エイジングケアや美白に、とても役立ちそうですね。
試供品などあったら試したいです。

ちなみに、白斑問題のカネボウは花王の傘下となっていますが、傘下と言っても別会社として開発や販売をしているようなので、心配はないかと思います。

カネボウの白斑の被害者にはある程度年齢が高い方が多いように感じられましたが、アンチエイジングや美白スキンケアを使われている方は案外高い年齢の方が多いようですよね。

確かに、肌の衰えを感じるのはより年齢が行ったときですから、うなずけることではありますが。

---------------------------------------------------
花王は10月1日、50歳からのスキンケアブランド「グレイスソフィーナ」から、特に乾燥が気になる肌質の人向けに、保湿成分と美白成分、血行促進成分の配合でハリに満ちた明るい肌へ導く「薬用 美白化粧水 濃厚とろみ」(医薬部外品、本体140mL、つめかえ用130mL)と、「薬用 夜の美白クリーム 濃厚こく」(医薬部外品、32g)を発売した。いずれもノープリントプライス。

 近年では、女性のスキンケア市場の約半分は50代以上が占めるようになっており、さらに今後は、消費に意欲的なバブル世代が50代に突入することから、同社では2013年2月に「グレイスソフィーナ」を50代以上をターゲットにしたスキンケアシリーズとして刷新している。

(日刊コスメ通信(週刊粧業) (ブログ)- -2013年10月2日)
---------------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白関係 | 更新情報をチェックする