2015年03月29日

ナリス化粧品の美白美容液新発売

春になってきて、美白系の化粧品の発売が続いています。
ナリス化粧品からは、美白美容液が。

グリチルリチン酸ジカリウムとか、トラネキサム酸とか、
まるで歯磨きを連想してしまいますが、
それをお肌に働きかけても白くする成分は白くする、ということなのでしょうか。
歯をキレイにするくらいだから、透明感もばっちり出そうです。

毎年、この時期になると美白化粧品が気になって、
新発売のものとか試したくなったりします。

でも、実際に使ってみると自分の肌に合わないってこともあるので、
新しい商品を使う時は、トライアルのあるものでまず試してみてからにしています。

ですので、メーカーさんはなるべくトライアルセットとか作ってほしいんですよね。

---------------------------------------------------
ナリス化粧品の美白美容液「アンティミリ 薬用 クリア ホワイト エッセンス」

 毛穴の奥にできるメラニンの生成を抑制し、美しく白い肌を守るという。メラニンの増加原因となる炎症を防ぐ「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合した。美白有効成分の「トラネキサム酸」により、白くて潤いや透明感のある肌に導く。20~30代の女性が主なターゲットで内容量は40ミリリットル。

(日本経済新聞--- -2015年3月28日)
---------------------------------------------------
ラベル:ナリス化粧品
posted by 40代のスキンケア at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白関係 | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

うるおいを守るふき取り美白化粧水

資生堂の美白ケアブランドで有名なのが「HAKU」。

そろそろ紫外線対策も考慮に入れて化粧品を選んでいかないと、
使い終わるころにすっかり害をうけていた、
なんてことにならないようにしないと・・

それが今度、新しいアイテムが発表になるそうで、
薬用美白化粧水、薬用美白乳液、薬用美白泡状乳液、なのだそうです。

シミのケア方法としては、最近はリッチなケアをプラスしていくというより、
丁寧にベーシックなケアを続けるのがいい、とよく雑誌などに書いているので、
そういう人にもぴったりな基礎化粧品シリーズというのがいいです。

特に、ふき取りの化粧水「HAKUアクティブメラノリリーサー」が気になりますね。
メラニンを含む不要な角質を取り除いてくれる薬用美白化粧水だそうです。

美白有効成分と美白保護成分の両方を含んでいて、
うるおいを失わずにふき取りができるそうなので、
そこが、よくあるふき取り化粧水との違いですよね。

アルコール主体のふきとりだと、どうしても肌の乾燥をもたらしてしまうので、
うるおいを守るふき取り化粧水をこれからは検討したいと思います。

---------------------------------------------------
資生堂は、美白ケアブランド「HAKU(ハク)」から、先端のシミ予防研究から誕生した3つの機能型アイテムとして、「薬用美白化粧水」「薬用美白乳液」「薬用美白泡状乳液」を2015年3月21日に発売する。価格はノープリントプライス。
シミ予防に関心の高い女性が増えていることと、ケア方法として化粧水などのベーシックケアを最も重要視している背景から、先進的で高機能の美白ケアアイテムが誕生した。
「HAKUアクティブメラノリリーサー」は、うるおいを与えながら拭き取ることで、メラニンを含む不要な角層を取り除いてくれる薬用美白化粧水。美白有効成分「4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)」と整肌・保護成分「ソフリングリリーサー」配合で、透明感あふれるツルツルな肌へ導く。
「HAKUインナーメラノディフェンサー」は、うるおい効果で肌の生まれ変わりをサポートする美白乳液。美白有効成分「4MSK」と整肌・保護成分「ディフェンスバイタライザー」を配合し、透明感あふれるなめらかな肌が続く。

(J-CASTニュース--- -2015年3月15日)
---------------------------------------------------
ラベル:資生堂 haku
posted by 40代のスキンケア at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白関係 | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

ルッコラの意外な健康成分

ルッコラと聞いても、イタリア風のサラダに添えられているもの、
その程度の認識しかしていませんでしたが、
実は、ビタミン・鉄・カルシウムがたっぷりなんだとか。

まず緑黄色野菜なので、緑黄色野菜的な栄養が豊富です。

ビタミンCがほうれんそうの2倍というのもびっくりですね。
少量、添えられているのを残さずとるだけでも、
結構な濃度で栄養補給できそう。

あと、ルッコラの辛み成分には、大根とかのそれと同じように、
胃を健やかに保つような成分がふくまれているとか。

だから、ちょっとこってりしがちなイタリア料理に欠かせない印象なのかもしれませんね。

---------------------------------------------------
イタリア料理などでよく使われるルッコラ。ピザやサラダにさりげなく添えられるハーブですが、実は脇役にしておくにはもったいないほど、すごいパワーをもっていることをご存知でしょうか。

ルッコラは栄養価が高い緑黄色野菜でもあり、β-カロテンをはじめビタミンEやビタミンKを豊富に含んでいます。特にビタミンCが非常に豊富で、ほうれん草の約2倍も含まれています。(中略)さらに、鉄は豊栄養野菜で知られるモロヘイヤと同等に含んでいます。カルシウム含有量は、ピーマンの約15倍もあります。

(日刊アメーバニュース--- -2015年3月5日)
---------------------------------------------------
ラベル:ルッコラ
posted by 40代のスキンケア at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康関連 | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

甘酒の美容効果

甘酒を美容のために飲む人が増えているとか。

私自身はあまり甘酒、得意ではありません。

でも、ビタミンB1、ビタミンb6、葉酸、食物繊維など、
ほんとにさまざまな栄養素が入っているとなると、
美容液に甘酒を取り入れたものとか、あったらいいのかも?とか思いますね。

特に麹菌は、よく酒蔵の人が手がきれいだというのはそのせいだというくらい、
美肌のためにはとてもいいのだと。

麹菌が入っているハンドクリームとかはありますよね。
やっぱり天然成分に近い感じがするのがいいです。

まだまだ寒さが続くので、何かとりかたを考えて、
美肌に結びつく甘酒を飲むことはできないか考えたいです。

しょうがとかの風味を入れたら飲みやすいとかないでしょうかね。

---------------------------------------------------

ナチュラルブームの今、メイクやスキンケアだけでなく、昔ながら食べ物やオーガニックなものが注目を浴びています。

それを裏付けるかのように、最近は甘酒を良くみかけるようになりました。“桃の節句に甘酒”と言うのが昔の定番でしたが、最近は美容の為に甘酒を飲む女性が増えているようです。それもその筈。実は甘酒は「飲む美容点滴」と言っても良いぐらい栄養がたっぷり含まれているのです。

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖をはじめ、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖など美容と健康に必要な栄養素がとても多く含まれています。

(マイナビニュース--- -2015年2月25日)
---------------------------------------------------
ラベル:甘酒
posted by 40代のスキンケア at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌・美白と食事 | 更新情報をチェックする