2016年12月10日

シートマスクの正しい使い方

シートマスクは、ちょっとリッチな感じで、
特にお肌にダメージが大きいと思われるときに使いたくなりますね。

使ってすぐに効果が出る感じもよいです。

コラーゲン入りとかだと、
使い終わって翌朝、ぴーんとしている感じがしますし、
やった成果がありありとわかるんです。

サプリメントタイプだとあまりそうもいかないですから。

シートマスクの正しい使い方は、
「使い方」を読んでそのとおりに使うのがよいのだと思います。

自分の思い込みで、入浴中のほうがよさそうとか思って、
自己判断すると、かえって成果が失われてしまうのだとか。

健康食品でもなんでもそうですが、
「自分の判断で」というのがシロウトは危険なのかも。

入浴中はどちらかというと、「排出する」ほうに肌が働くので、
入浴が終わってからがよいとか。

毛穴が開いているのは、排出するためなのですよね、入浴中は。

-------------------------------------------------------------------------
1 肌に乗せて長時間置いておく
シートマスクは水分をたっぷり含んでいるので、長い時間置いておく方が肌に良いと思う方もいるかもしれません。もしかしたらそのまま眠ってしまうという方も??!!
でもこれは大きな間違いです。
シートマスクが乾く時に、肌の水分までいっしょに蒸発します。
「保湿のつもりが余計にお肌が乾燥した!」なんて悲しいことにならないように、説明書に書かれてある使用時間は必ず守りましょう。

2 湯船に浸かりながらシートマスク
「肌も温まっているし、毛穴も開いて何だか効果がありそう!」と考える人も多そうですが、入浴中は余分な皮脂や毛穴の汚れを洗い流すデトックスタイムです。

ガジェット通信-- (2016/12/9)
------------------------------------------------------
ラベル:シートマスク
posted by 40代のスキンケア at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌関係 | 更新情報をチェックする