2018年05月20日

日焼け止めの進化を望む

日焼けしないというために私がしていることは、
まず帽子をかぶること。

これでかなり顔に当たる日光は防げます。

つばが広い帽子がいいですね。
首筋までカバーしてくれるのが理想です。

また、日焼け止めも必須です。

私が気に入っているのは、
普通の日焼け止めの上に、
パウダー状の日焼け止めを重ね塗りすることです。

これをやると、
日焼け止め自体が崩れにくくなって
長持ちするのがわかります。

重ねて塗るので、ながれてしまったときの直しも簡単ですし、
そういうパウダー状のがもっと機能性アップすると、
個人的にはうれしいですね。

5月も半ばを過ぎで、
晴れた日には日差しの強さを感じるようになりました。

5月はまだ夏本番ではないけれど、
紫外線の量は、5月が1年で2番目に多い月だと、
何かで見た記憶があります。

もう、しっかりと日焼け止め対策をした方がいいですね。


----------------------------------------------------------------------

 資生堂の日焼け止めブランド「アネッサ」。今年の主力商品では、スキンケア成分の配合比率を50%まで高めた。アネッサの商品開発担当、広瀬智恵さんは「女性が紫外線対策をするのは、老化を防ぐため、という理由が多い。スキンケア成分を増やしたことで、今だけでなく未来の美肌を守ることにもつながる」と話す。乳液タイプのものでも、さらっとした付け心地で、べたつかないという。


(SankeiBiz 2018年5月20日)
-----------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 16:54| Comment(0) | 美白関係 | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

通年使える美白美容

美白は、日差しのつよくなる一時期だけ、
というのが、昔の常識だったのですが、
いまは「通年美白」が当たり前だとか。

やっぱり、ニーズによって商品が出てきますからね。

紫外線の害が気になる人が世の中に増えれば、
まだ春も早い時期から、
紫外線予防するためのさまざまなグッズが生まれます。

美白化粧品もそうですね。

肌本来の力をカバーしながら、
積極的に紫外線を遠ざけてくれる、
そういう高性能な美白美容成分が近年はあります。

天然由来のオイルで紫外線ブロックなんて、
油分なのにどうして?という気もしますが、

効果が確かなら、使ってみたい気はしますね。

----------------------------------------------------------------------

「通年美白」が当たり前の今だからこそ、大切なのは「使いやすく、毎日のケアに取り入れやすいこと」。シャネルは昨年から「ヘルシー ホワイトニング」を提唱し、白さだけでなく「肌の健やかさ」も追求している。今年、新登場した美白オイルは、98%が天然由来成分。中でも注目したのは日本のウメの花、南高梅だ。一つひとつ手摘みされたウメから抽出された成分には、細胞のたんぱく質を活性化し、肌バランスを調整、ダメージを回復するパワーが。肌本来の保護機能をサポートし高めることで、内側から発光するような新しい白さを生み出す。


(日本経済新聞 2018年5月9日)
-----------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 17:07| Comment(0) | 美白関係 | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

化粧水の付け方とピーリング

化粧水は、わたしはコットンではなく
手のひらでなじませています。

コットンにふくませると、
ほぼコットンが吸ってしまっている気がしてもったいないのです。

でも昔の美容の記事ではけっこう、
コットンでタップするのがいいと書いているのが多かったですね。

だから、コットンを使っている人は多いですよね。

こういった、情報は一度定着してしまうと、
あとから実は、こっちの方がいいのですよ、
というアナウンスがされてもなかなか広がらないものなんですよね。


手の温かさが化粧水がお肌に染み込むためのよいパワーになってくれるようですから、
わたしはあながち間違ってはいなかったようです。

あと、ピーリングは、人によっては肌に傷みが出る場合があるのは注意が必要ですね。

それも弱めなピーリング効果のある洗顔などもあるし、
そういうのが利用しやすくていいかもです。

----------------------------------------------------------------------

そして美白化粧水はコットンで全体的に馴染ませるよりも、手のひらにとって両手で擦り合わせるように温めてから顔にじっくり浸透させていくと体温により、肌へ浸透しやすくなると言われています。擦らないように内側から外側へ向かって押さえつけるように、数回に分けて馴染ませていくと効果的ですよ。

そして、週に1回程度はピーリングや酵素洗顔を使って角質ケアをして、肌の古い角質を取り除いておくといいでしょう。

(livedoor 2018年5月2日)
-----------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 18:56| Comment(0) | スキンケア総合 | 更新情報をチェックする