2019年09月29日

ヨーグルトの美容活用

ヨーグルトは体にいいといわれていて、
人によって取り入れている理由はさまざまなようです。

胃腸に良いというのがまずあって、
善玉菌は腸にとどまって
長いこと役立ってくれるといいますよね。

あと、乳酸菌が歯にいい。

これが、歯磨きにも応用されて、
ヨーグルト風味の乳酸菌入はみがきなどもあったりします。

そして、最近では、美肌菌を生かすということで、
お顔にパックとしてヨーグルトを使うという話も聞きました。

野菜にヨーグルトディップなど、
最高に健康によいのではないでしょうか。

善玉菌のプロバイトティクスは、広く知られていて、
生きた状態で大腸に到達するために
さまざまな改良が重ねられているようです。

わたしの場合リーズナブルというのもい大きなポイントで。

近くの安いスーパーで、
十分に美味しいヨーグルトが買えるのです。

もちろんこだわればもっといろいろあるのでしょうが、
わたしは生乳にこだわったという美味しいヨーグルトがあれば十分ですね。

----------------------------------------------------------------------

(1)プロバイオティクス

1つは、ヨーグルトなどの発酵食品から身体に有用な働きをもたらす生きた善玉菌の「プロバイオティクス」をとることです。生きた状態で大腸まで到達しないと意味がないといわれる善玉菌ですが、死んでしまっても善玉菌の身体を作るなど有効な生理機能が期待できるのだそうです。

腸に住みつくことはないといわれているので、毎日とることを習慣にしたいですね。

(エキサイトニュース---- 2019年9月28日)
-----------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 16:00| Comment(0) | 美肌・美白と食事 | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

BBクリームはカバー力が大事

BBクリームは知っていて使っていますが、
CCってなんでしたっけ?

調べたところ、
CCクリームは肌の色をコントロールするのが主な役割で、
カバー力に期待するものではないとか。

ナチュラルな仕上がりで
顔色をよくしてくれたり、
赤みをとったりしてくれるということですね。

わたしはBBクリームでカバーしてくれる
使い心地が気に入っているので、
他を使おうと考えたことはなかったです。

どちらかというと、
パウダーファンデの前に塗るようなイメージなのでしょうか。

カバー力のあるBBクリームとして、
今愛用しているのはちふれという安い商品のコスメです。

いろいろ使ったのですが、
汗をかくとどろどろになってしまうものもあり、
これはその点、溶けることがほとんどなかったので、
継続して使うようになりました。

コーセーのカルテ・クリにティスキンプロテクトという商品も、
これ1本できれいに仕上げてくれるとのこと。

このごろあまり商品を探してみることはなかったのですが、
季節替わりでもあるし、違う商品を試すのもいいかもしれませんね。

----------------------------------------------------------------------

コーセー「カルテ クリニティスキンプロテクトBB」35g SPF27・PA+++

 低刺激性アイテムが揃うことで、根強いファンを増やし続けている「カルテ クリニティ」。今年発売になったこのアイテムは、花粉などの外的要因から肌を守りながら、美肌に仕上げてくれるBBクリーム。

 うるおいバリア成分を配合し、一日中乾き知らずの快適さをキープ。高いカバー力なので、化粧下地のみならず、ファンデーションとしての使用も可能です。

(livedoor----- 2019年9月13日)
-----------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 17:00| Comment(0) | 美容関係 | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

美肌菌とクレンジング・洗顔方法

きのうテレビで、
美肌菌というのを特集しているのをみました。

肌のいちばん上には、
美肌菌というのが存在していて
お肌をコントロールしてくれているとのこと。

それを完全にとりはらうような洗顔は
絶対ダメといわれていました。

そのときもいっていたのですが、
やはりゴシゴシタオルでこするようなのは
とってもお肌に悪いのですね。

ネットでも、
ティッシュ1枚分の薄さしかない角層を傷つけないように、
という話がありました。

あと、洗顔の仕上げに
冷水で洗うのは、よくないのだとか。

人肌でやさしく仕上げるのがポイントのようです。

色んな意味で、あんまり特別なことをせず、
普通にあらって普通にケアしておくくらいがいいのかもと思います。

----------------------------------------------------------------------

■力を入れてゴシゴシこすらない
肌のいちばん表面にある角層は、ティッシュ1枚分の薄さしかありません。ティッシュがヨレたり破れたりしない程度の力加減で触れるようにするのが正解。クレンジングをなじませると、自然とメイクは浮いてくるので、ゴシゴシこすらなくてOK。

■ぬるま湯で丁寧にすすぐ
冷たい水を使うと毛穴が締まってしまい、メイクを落としきれない原因にななってしまいます。また、熱いお湯は皮膚が持っている潤いまで奪ってしまうので、「すすぎはぬるま湯で」が鉄則!水圧を加えすぎないように、できれば手ですくい洗いをしましょう。


(ニコニコニュース---- 2019年9月1日)
-----------------------------------------------
ラベル:洗顔 美肌菌 美肌
posted by 40代のスキンケア at 11:09| Comment(0) | 美肌関係 | 更新情報をチェックする