2016年12月26日

乾燥を防ぐ化粧水の付け方と量

化粧水の付け方として、
たくさんの化粧水をいっきにつけるのではなくて、
何回かにわけてつけるのが正解と聞きます。

大量につけても、
一度に吸収できる量は決まっているからだそうですね。

そして、あまり意味がないように思っていたハンドプレスも、
確かに手のひらのぬくもりで、
上手にお肌に浸透させることが可能だとか。

昔からなんとなくされてきたことは、
やっぱり実感を伴う方法だったのだなという、
気がしてきます。

これからは空気が乾燥する季節ですから
保湿ケアはしっかりとしておきたいところですよね。

肌の乾燥はシワをまねくので、
私も化粧水の付け方とかをちゃんとして、
保湿に心掛けたいです。

-------------------------------------------------------------------------
①500円玉くらいの化粧水を3回つける
化粧水を使用する際は、500円玉くらいの化粧水の量を、3回つけましょう。「3回もつけると、肌にしっかり浸透しないのでは?」と思う方もいると思いますが、ハンドプレスで手の温かさで肌に浸透させたら、もう1回付けるなど、しっかり浸透させてから付けるなどと、工夫が必要です。こうすることで、モッチモチの肌を作ることができるのです。

ウーマンエキサイト-- (2016/12/22)
------------------------------------------------------
ラベル:乾燥 化粧水
posted by 40代のスキンケア at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。