2018年09月23日

美肌のためのプロバイオティクス

美肌のために自分でできること
というとすぐ思い浮かぶのは基礎化粧品を変えるとか、
マッサージ、美容器具、などでしょうか。

でも実際は、
お肌はもちろん体調によって変わるので、
食べ物がとても大切になってきます。

あとできることといえば、サプリメントですね。

ビタミンCをしっかりとることで
美白にむすびつくことはよく知られています。

プロバイオティクスは、
善玉菌が含まれる健康によいサプリメントとして提供されていますが、
それで体内の環境を整えることで、
お肌の環境もよくしていけるとか。

もちろん、単にそのサプリを飲めば解決ということではなくて、
複合的な体内環境の話なので、
上手にコントロールしていくのがのぞましいですね。

----------------------------------------------------------------------

「きれいでも、肌のコンディションがとても悪いモデルは少なくない」と、スウィフトは言う。彼女は昔の病気をして以来、プロバイオティクス食品と安全な化粧品のよさを訴えてきた。「でも誰も発酵食品を食べたがらない」。

無数の腸内細菌のうち、ニキビの減少や、肌の潤いやもちもち度をアップさせる細菌を特定する研究はいくつかある。たとえば2017年の日本の研究によると、乳酸菌の一種であるラクトバチルス・カゼイ327(L.K-1)は、角層を改善し、肌がパサパサになるのを防止するとみられている。

(東洋経済オンライン- 2018年9月19日)
-----------------------------------------------
posted by 40代のスキンケア at 15:49| Comment(0) | 美容関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください