2019年10月20日

シートマスクは入浴10分後

うるおいを失わないためには、
入浴後10分が勝負だという話がありますね。

美容にこだわっている利用者も、
スキンケアアドバイサー的な人が
そう言っているのも聞いたことがあります。

今回みかけた
シートマスクの利用方法というのでも、
そういっているのを見ました。

でも、誰かがいっていたのですが、
それは特に、そういう必要はないという話も・・

表面に乗っかるのが水分なので、
それが蒸発したからといって、
肌の根本の水分に影響があるわけではないという、
そういう話もあります。

実際のところはどうなのでしょうね。

シートマスクは肌の表面に有効成分をのせて、
それをしみこませていくのでしょうから、
やはり肌の表面の水分の蒸発は、
肌の性質にも影響していくのかも?

触ってみても、乾いた肌は乾いた肌なので、
やはり、肌表面が乾かないにこしたことがないと思います。

シートマスクは使ってみると、
使用前使用後、ぜんぜん触った感じが違うので、
わたしも肌の状態をよくするためと思って、
入浴後10分のシートマスクを行ってみたいと思います。

----------------------------------------------------------------------

シートマスクで、ぷるんとしたうるおい肌に
 シンガーのビヨンセやヴィクトリア・ベッカムを手掛ける皮膚科医のハロルド・ランサーは、「乾燥した肌にシートマスクはうってつけ。言うならば、スキンケア用の寝袋みたいなもの。美容成分が蒸発せず、肌をうるおしてくれる」と米メディアThe Cutにコメント。肌が乾燥しやすい季節はとくに、スキンケアに取り入れるべきだと語った。

ベスト・タイミングは「お風呂上り」
 では、いつ使うのが効果的なのだろう? ニューヨークを拠点に活動するエステティシャンのアリシア・ユンによると、シートマスクのベスト・タイミングは、「お風呂上り」。お風呂上りは身体が温まって毛穴が開きやすく、シートマスクの美容成分が浸透しやすいと米メディアByrdieにコメント。

(フロントロウ---- 2019年10月17日)
posted by 40代のスキンケア at 23:52| Comment(0) | 美容関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください